英米人の英語で「日本人の英語」を評価する時代は終わりました本当に伝えたいメッセージを真心で伝え、相手も自分も利する関係を築く日本人のための本物の英語講座の誕生です!

アメリカ人に負けない「日本人英語」の話し方

日本人としての自尊心(self-respect)×人としての自信(confidence)×ビジネスパーソンとしての持論(philosophy)その瞬間、あなたの中に眠っていた英語力が解き放たれる。自信に満ちた、あなたにしか話せない言葉がどんどん口をついて出てくる。そして、あなたの話す英語が人の心を打つ(empathise)

心の中に言いたいことがあって、英単語は知っているのに、口から英語が出てこない・・・わけがありません。それは心と口の間の経路があるものによって遮断されているからです。

その最大の障害物が「ネイティブ英語」の金縛りなのです。あなたが「ネイティブのように話すこと」を目標にしている限り、一生かかっても、あなたの英語は上達しません。そのことは、英語力の国際統計からもう明らかです。戦後から今日まで、私たちの話す英語が上手か下手かの判断基準は「英米人の英語」でした。英米人の話す英語と較べて、日本人の私たちの話す英語がうまいか下手かを判断されてきたのです。

これって根本的におかしくありませんか?

溢れる英語教材や英会話の先生は、結局は、英米人の話す英語を最終目標として教えています。英米人の好む語彙や文法、英米で使われるフレーズ、英国式かアメリカ式の発音、はては彼ら流のジェスチャーやジョークまで。……でも日本は英米圏の国ではありません。私たちの歴史や文明観はあまりにも彼らとは違います。

言うまでもない事ですが、言葉は文化です。言葉はその土地の文化や歴史と切っても切り離すことの出来いないものです。日本人の話し書く英語を日本の文化から生まれた人(学習者)と切り離すから劣等意識、気後れ感を感じるのです。

ですから英国や米国で長期間生活をする人や、英米の顧客や同僚とビジネスを行ったり、英米人相手の国際会議で演説をしたりする場合を除いて、日本人が英米式英語を理想像にして学ぶ理由はひとつもありません。言葉は文化です。欧米と正反対の文化で生きてきた日本人が英米人の英語がわからないのは当たり前のことです。わからなければ相手にわかるように言い換えてもらえばいいのです。

英国人は英国特有の歴史の産物として英国式英語を編み出しました。欧州から独立を勝ち取ったアメリカもそうです。インドには英国の影響を受けながらもインド式、フィリピンには多文化のフレーバーの漂う独特のフィリピン式があるように、日本人は和の國の「日本文化の香り立つ日本式英語」を話せばいいのです。

それが世界の人達と本当の意味で対等な関係に立つということです。“ジャパニーズ・イングリッシュ”と聞いて恥ずかしさを感じる必要はもうどこにもないのです。

ただし私たちにするべきことが3つあります。第一は、異文化間で通じやすくするロジックを打ち込むこと。第二は、人に伝えたい独自のメッセージを磨くこと。最後に、日本について語れるだけの知識を得ること。後は、自分の思った在るがままの思いを、それを一番素直に言い表す言葉に乗せて、胎内から放つのです。

今や、英語はその土地に根差して家族を支え、生きていくためのローカルな言葉です。誰もが「自分英語」を話しています。私たちの英語も戦後70年以上も経った今、英米式英語の呪縛を解いて、世界の仲間入りをする時が来たのです。

これが当てはまる人は、このセミナーが役立ちます!

  • どこか英語を話すことに恥ずかしさ、負い目を感じてきた
  • 単語や語順がどうしても気になって気持ちが固まってしまう
  • 発音の上手な人がいたら本当は心の中で嫉妬している
  • 英語で話すと本当の思いが相手に刺さらない気がしている
  • 商談を通して相手と共感が深まっていくような展開にならない
  • TOEIC500点でも800点の仕事をしなくてはならず焦っている
  • 英語で自分自身の「らしさ」を伝える方法があれば習得したい
  • 日本的価値観を踏まえた英語の話し方に興味がある
  • 「自分英語」をモノにした人の英語を聞いてみたい

このセミナーの収穫

  • 自分の話す言葉に自信が湧いてくる
  • どんな英語力でも言いたいことを表現する方法は絶対にあることがわかる
  • 相手にどうしても伝えたい自分ならではの「メッセージ」が見えてくる
  • TOEIC500点でも800点の人より英語が通じるようになる
  • 国籍や人種へのこだわりが無くなっていくきっかけが掴める
  • 自分は 17.5 億人の英語話者の欠かせない一員との意識が芽生えてくる
  • 英語習得への衝動が湧いてくる
  • 同じ思いを持った同志と出会って英語習得の継続に勇気を感じる

参加して欲しい人

英語を話すことに自信が持てないすべての人(国籍不問!)。大学生、ビジネスパーソン(海外赴任予定者含む)、起業家、研究者、経営者、英会話講師、異文化コミュニケーション講師など

必要な英語力

  • TOEIC500 点以上。ただし点数に関わらず河谷隆司のメッセージに共感するなら誰でも参加可能。
  • 講義は日本語ですが演習は英語で行います。参加者の英語力に合ったメッセ―ジの伝え方を指導しますので人前で恥じることは一切ありません。安心して下さい。

「アメリカ人に負けない英語の話し方」のプログラム

プログラムを見てちょっと難しそう? 心配はいりません。河谷は世界のあらゆる階層の“英語の苦手”な人々と意志疎通をしてきました。深いことをシンプルな言葉に落とします。その技を盗んで下さい。

【午前】

開講

  • 「アメリカ人に負けない英語」とは何か? 自己診断
  • あなたのメッセージを轟かせる 4 つの G 《自尊心・自信・持論・自説》

自分を語る

  • (動画・演習) 言葉で変わる世界、動く感情
  • (動画・演習) 生存するために、ほとばしる英語

異文化対応の本質

  • (動画・討論) 誰も日本人のようにはなれないのです!」 ~アジアからの声

【午後】

仕事を語る(学生は「大切なこと」を語る)

  • (講義) 「バーニング・メッセージ」の作り方と伝え方
  • (演習) 当日発表されるテーマについて共感説得の演習を行います
  • (ロールプレイ指導) 「トラウマのある優秀スタッフを導く」(例)
  • 英語力に関わらず、あなたの言いたい事の「核心を相手の心に届ける」演習です

【夕方】

日本を語る

  • (英語講義) 日本文化の曼陀羅図: 日本文化の核心に斬り込む!
  • (演習) 日本人にとって〇〇とは何か?  鋭く日本の価値観を語ってみる
  • (動画・討議) 韓国系アメリカ人の語る日本社会の特質について
  • 異文化間で共感を得る英語の使い方演習: 欧米視点で見た時「正されるべきもの」とされてきた「日本的コミュニケーション」!これを、真のグローバル視点から見ると、どう見えるのか?
  • 曖昧・遅い・細かい?朝夕の挨拶は無駄・職人芸だから負ける・日本にワークライフバランスはない?

閉講

  • 今後への学習アドバイスと質疑応答! ここが大切。質問ご持参下さい。

河谷隆司と英語との関わり

中学時代(福岡)

  • NHKの「テレビ英会話初級」で始めて英会話に触れ、日本語では出来なかった自己表現の歓びを密かに体感する

高校時代(福岡)

  • 英語熱は益々高まるも受験ではことごとく敗北。受験英語に馴染めず辛かった

大学時代(大阪)

  • 大学では通訳ガイドクラブに入り、英語ガイド・同時通訳・ディベートの基本を叩き込まれる。英語でのスピーチコンテストやドラマコンテストで人前で話す訓練を積み三年次クラブ部長。
  • 大学講演会で英語界の泰斗の国弘正雄、田崎清忠、金山信夫、松本道弘(英語道場創始者)、西山千(アポロ月面着陸同時通訳者)らに触れ、著書を読みふける

新卒時代(福岡)

  • 大阪の国際会議の運営会社に入るも数か月で坊主になり社長に帰郷願い。アルバイトで食い繋ぎながら福岡英語道場に参画し英語修行。安国寺専門僧堂で集中力を鍛え、昼食時間の大半を読書に費やし、TIME を歩きながら読み、二か国語放送でシャドーイング没頭。
  • 英検一級、通訳技能検定二級。大学受験予備校、英会話学校で英語講師。

上京(東京)

  • 松本道弘氏の『Give と Get』収録の「武士の情け」の英訳について質問を出したのがきっかけとなり松本事務所開設に参加。四年間の師事中に十冊超の著書の校正補助を行い、英語とディベートに関する講演・セミナーを企画し英語道を学んだ。
  • 本家英語道場で仲間と研鑽。極真空手創始者大山倍達イベント「空手道と英語道」にて同時通訳。師匠流から河谷流へ飛び出すべく異文化トレーナーとして二十九歳で独立。

独立(東京)

  • 河谷流異文化コミュニケーションの模索。翻訳通訳、英文コピーライティングや(株)サンライズ嘱託で「機動戦士ガンダム」の海外放映権許諾交渉に従事し実務英語を研鑽。
  • 産能大学講師等で異文化ビジネス企業研修開始。米国修行開始しワークショップ、カンファランス出席で欧米人参加者とディベートを重ねる

海外移住(マレーシア)

  • 日本型経営と異文化経営に舵を切り、在ア日系企業取材を開始。1992 年にマレーシア戦略国際問題研究所・日本研究センターの招聘で渡馬し 365 日の英語生活がスタート。会社 2 社設立し、在馬は 17 年に及んだ
  • アジア圏の経営教育機関・経済団体で英語セミナー多数出講。初の学術書を英文出版。『英語の話せるボスになる』他上梓。欧米ア+日本を回り日系企業へ異文化リーダーシップ研修をアメリカ人工場長、イギリス人弁護士、シンガポール人社長など多国籍のマネージャー一万人以上に英語で実施。
  • シンガポール FM ラジオ「ビジネスマンの異文化講座」キャスター、マレーシアテレビ 3 Face-to-Face 出演、タイ英字紙 The Nation 出稿。孫子の兵法本国際会議講演「Strategies and Subtleties of CrossculturalNegotiating」、中国文明専門家編書へ「Bushido Way of the Warrior Thinking for Total Quality Management」他執筆、多文化チームマネジメントの現地ロケ eLearning 教材制作。
  • 満を持して入学した米サンタバーバラの博士課程 PhD in Human and Organizational Development は海外出張のの超過密スケジュールから断念。

日本帰国(東京)

  • 2009 年帰国後、自身の日本文化希薄化を反省し、日英/日タイ対訳本『Winning Together at Japanese Companies』上梓、英語ネット放送「Japan Spirit」キャスターを始める。
  • 「異文化マネジメントの英語」「アジア英語のヒアリングとスピーキング」など英語関連 eLearning 制作。『グローバルリーダーシップ』(産能大学通信教育教科書)『Working Together』など出版。
  • 日本企業、外資系企業、ホーチミン工科大学、一橋経営大学院など日本型ビジネス文化についての英語講演が増え、「異文化マネジメント×アジア太平洋×日本文化」の三位一体が浮上。
  • インド、マレーシア等のカンファランスで英語講演。世界人材開発会議より Global HR Excellence Award受賞。大手外資系多国籍日本支社長、在印日系企業インド人次期社長らに日本型ビジネスについてコーチング開始。
  • 経済産業省「国際化促進インターンシップ」にて就業前の多国籍インターンへ日本適応の英日語研修担当し水を得た魚となり、公開セミナー“Success Japan Seminar”立ち上げの動機となる。ALL About Working With Japanese(外国人の日本企業定着支援)、ASEAN 異文化ビジネス講座、日本文化立脚の「アメリカ人に負けない英語の話し方」などの普及を開始。

講師プロフィール

河谷隆司 かわたにたかし
  • 株式会社ダイバーシティ・マネジメント研究所 代表取締役
  • 異文化マネジメントコンサルタント

【略歴】

  • 米 Fielding Graduate University, PhD Human and Organizational Development 中退
  • 産能大学国際部講師、日本在外企業協会・在外特別アドバイザー、マレーシア戦略国際問題研究所(ISIS Malaysia)客員研究員他を経て現職
  • 受賞:World HRD Congress 2011 国際 HR 優秀賞
  • 著書:Winning Together at Japanese Companies(日英語・フルカラー)、アジア発異文化マネジメントガイド、他全 12 冊

【インターネットテレビ出演】

英語番組キャスター“Japan Spirit” ‹YouTube/日本語字幕つき›

日本の勤労観を世界へ発信

Japan Spirit 収録中の渋谷スタジオから

日本人の勤労観や自然観などを英語で発信するネットテレビ「Japan Spirit」のキャスターをしています。毎月一本、Youtube で視聴できます。

グローバルインタビューで世界を行脚

ヤンゴンでアセアン統括人事部長への取材

日本のための異文化スキルを求めて現地人幹部へビデオインタビュー。18カ国で相手は100名以上。


サクセスジャパンセミナーVol. 6

アメリカ人に負けない「日本人英語」の話し方

  • 開催日時: 2018 年 6 月 3 日(日) 9:30~17:00
  • 会場: SHIP 品川産業支援交流施設 大崎駅5分
  • 講師: 異文化マネジメント・コンサルタント 河谷隆司

【セミナーの詳細】

日程2018 年 6 月 3 日(日)
時間受付 9:20 研修 9:30~17:00
会場
SHIP 品川産業支援交流施設 大崎駅5分
人数12名限定
費用
¥ 30,000 (消費税、教材費を含みます)
  • 以前のサクセスセミナー卒業生とご友人は同時参加で ¥15,000
  • Facebook で300字以上のコメント付でセミナーURL をシェアして下さる方は¥20,000 (申込フォームにシェア済みのリンクをご記入頂きます)
特典
参加者の学校、研究会や職場で 1 時間の講演会かミニワークショップを無料で実施しますのでご利用下さい。
キャンセルについて
キャンセルはお受けしておりません。代理の方へ席をお譲り下さい。
著書販売河谷隆司著の“Winning Together at Japanese Companies” を割引で購入することができます。外国人との対話が深まる日英併記カラーの決定版です。
問い合わせsuccessjapan@outlook.com
延長戦!(懇親会)研修後、河谷と近くで食事をしながら楽しい時間を過ごしませんか?セミナーでは聞けなかった個別相談をどうぞ。食事代は自己負担でお願いします。
主催
株式会社ダイバーシティ・マネジメント研究所
Facebook Page でこの運動の輪を広げましょう!

外国人向けサクセスセミナーの声

  • 私の会社はたくさんの外国人問題に直面しています。外国人採用は他社がやっているからうちもという感じで。外国人が日本の会社で居場所を見つけられるようなセミナーは初めてでした。河谷先生は複雑な問題をシンプルにしてくれます。私の改善すべきことを指摘して下さったことには驚きました。このセミナーはとても受けやすい雰囲気でした。参加者の現状にぴったりと合っていたと思います。先生は大変話しかけやすく元気をくれます。参加者全員が沢山学べてとても楽しかったと感じていると思います。

    (ベトナム・採用担当・LN さん)
  • 河谷さんのセミナーは楽しくて情報たっぷりでした。私たちが日本の仕事で直面している現実の問題に具体的なアドバイスをもらいました。日本滞在は 6 年目ですが日本の社会や組織への思いを先生に整理して頂いたことは非常に役立ちました。研修資料も実践的で明快なアドバイスがあります。お勧めなのは受講前に具体的な自己課題を申込フォームに書いておくことです。河谷さんが個人にあった解決策をテーラーメイドしてくれますから!河谷先生ありがとうございました!頑張って下さい!

    (オーストラリア・リゾートホテル支配人・LT さん)
  • この講座は満点です。河谷先生のイニシアティブとスーパープレゼンテーションスキルに★印5つです。日本で3年働いていますが日本人の働き方や日本型経営観についてたくさんの隠された意味を学ぶことができました。先生の知識と経験は深いです。一方通行ではなく参加者全員で探究しながら学ぶことができました。私の「Why Japanese people??」の質問にも沢山答えをもらいました。

    (インド・IT プロジェクトコーディネーター・AD さん)
  • セミナーのお蔭で日本の企業哲学を深く理解できました。河谷さんは仕事の様々な場面で日本人上司との誤解解消やストレス軽減の取るべき方法について導いて下さいました。次のセミナーにもぜひ参加して職場環境の知識を深めたいと思っています。「皆さんはなぜそもそも日本に来のか覚えていますか?」~ズバリの質問には考えさせられました。日本文化は正直理解しがたいところがありますがそれでも私は日本が大好きなんです!

    (フランス・環境保護スタッフ・EL さん)

追伸

日本人のビジネスパーソンや学生が「自分の言葉」を失っています。

世界一長い歴史を持つ日本人には控えめながらも深い思想や精神がありました。それが世の中がグローバル化するにつれてカタカナ文化や短期的な経済活動に翻弄され、自分自身を見失ったのでしょうか。発音やフレーズ、検定試験のスコア。生まれては消えていく英語ハウツー本。もうこの不毛な英語漂流はやめましょう。

英単語を追いかける前に、その単語で伝えたくて伝えたくて、抑えることの出来ない自分だけの「メッセージ」を見つけませんか? それが本当の言葉の習得ではないのでしょうか。

人としての軸を取り戻しましょう。緊張する今の世の中を平和にしてくれる日本文化を身に着けて、日本人らしい英語を話しましょう。

このセミナーでこの思いに共感してくれる方々にお会いできることを願っています。

河谷 隆司